Mimic

大学編入や、英語学習、プログラミングなど様々な記事を取り扱うブログ。お金を稼ぎたい

【大学編入】筑波大学への編入を目指して③

f:id:michinoins:20180307115027j:plain

 

昨晩は失礼しました🙇 

 

 

英語学習について書こうとしていたのですが激しい睡魔に襲われて...意識もうろうとしながら記事を書いていました😢

 

さて、改めまして僕の英語勉強方法についてお話ししたいと思います。

 

単語について! 「知らない単語は文脈から推測しなさい」ということを言われると思います。僕も高校の頃によく言われていました。

 実際、その能力はとても大切で培っていって損はない思います。。  が、センター英語で確実に得点を稼ぎたいのなら、僕はコツコツ単語を覚えて、楽をする道を選んだほうが良いと思います。

 

もちろん、問題の中には高校の範囲では取り扱わないような英単語が出る場面もあります、それは仕方ないです。諦めて推測しましょう...

 

とても回りくどくなってしまったのですが、僕が言いたいことは学校で配布される単語張であったり、自分で用意した受験用の単語張は全部しっかり覚えましょうということです。

 

で、その効率的な覚え方でおすすめなのが、朝、単語を覚えることです。 僕は暗記物は朝派でした。 朝、10~20個くらい覚えます。書くよりは、何度か発音と意味の確認をして覚えます。

 

ここで、発音をおろそかにしないこと! 

 

正しい発音かわからなかったら必ず先生に確認してください! センター第一問を確実に取りたいなら日ごろからその確認をないがしろにしないことです。

 話は戻ります。朝単語を覚えます、そして、学校に登校しますね。

 

登校中何を考えていますか?

 

この時間にさっきやったばかりの単語を思い出します。

思い出せなかった単語は学校についてから確認して、学校にいる間暇な時間さえあれば「あっ、単語を思い出そう...」として、常に頭のどこかには英単語のことをおいてください。

 

単語に費やす時間は本当に隙間時間のみであると考えているので、朝のまとまった時間以外は必要ありません。

 

単語がわかれば、長文を読む速さも上がりますし、正しい発音を身に着ければリスニング力も上がります。

 

単語が英語学習の根幹になっています。当たり前のことでしたね笑

といった風に僕は高1の頃から単語学習をしていました。

 

 

今から当たり前のことを言います、一日10分だけでも単語勉強に費やしていたら一か月で5時間、一年で60時間の勉強時間にもなります。

 

それに、まとまって5時間単語学習するよりも、できるだけ少しづつやった方が記憶にも残ります。

 

日々の積み重ねです、本当に。

このおかげで、受験期にはほとんど英語の自学をする必要はありませんでした。 とはいえ、大学受験は失敗しているので、説得力には少し欠けますけどね。笑

 

この説が有力であることを立証するためにも今度受けるTOIECでは高得点をとれるよう頑張ります😢

 

ここまで編入の勉強について何も触れていませんでしたが、ようやく、本日中に対策用の参考書が届くので、夜にまた、それらについて書こうと思います。